お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

0565-41-8022

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

web問診票はこちら

小児用

   

成人用

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科という言葉を聞いたことがある人はあまり多くないかもしれません。予防歯科とはむし歯や歯周病など何か異常が起きる前にそれを未然に防ぎ、歯と口内を健康な状態に保つことを目的とした診療科です。
日本においては「予防のために歯科医院を訪れる」と聞いてもピンとこない人がほとんどかもしれません。従来、日本において歯科医院=歯医者さんとは「どこかが悪くなってから治しに行くところ」でした。それは歯以外の症状――例えば風邪や骨折などなら正しい処置かもしれませんが、歯においては実はそうでないのです。風邪や骨折なら薬をもらったりギブスなどで固定したりすることで完全に元の状態に戻すこともできますが、歯の場合はそうではありません。むし歯をドリルで削って詰め物をすれば痛むことはなくなっていますが、一度削った歯が元の状態に戻ることは二度とないのです。歯は削るなどの治療をするごとにその寿命は確実に短くなっていきます。また永久歯を抜いてしまったら再び生えてくることもありません。むし歯の治療は歯を治しているのでなく、症状の進行を止めているだけということができるかもしれません。しかしその裏では確実に歯自体の健康は損なわれているので、そもそもむし歯や歯周病を発症させないことが大切だといわれています。
しかし多くの人がまだどこも悪くなっていないのに歯科医院を訪れると聞くと「診察を受けてもしてもらうことが何もない」や「余分に費用がかかってしまう」などと否定的なことを思うかもしれません。しかし予防歯科を実践することで多くのメリットを享受することができるのです。

予防のメリットは?

むし歯や歯周病を予防していくことで、具体的に次のようなメリットがあります。

1.歯や心身の健康を保てる

予防歯科を徹底することでむし歯や歯周病を未然に防ぐことができますし、仮にどこか悪いところが発見されたとしても、その症状が軽度のものならやはり軽度の治療で症状を改善することができます。
むし歯や歯周病はその症状が進行することで肩凝りや頭痛、筋肉や関節の痛みを発症させることがわかっており、それらを防ぐことで口内だけではなく身体全体を健康な状態に保つことができるようにもなります。また「健康な精神は健康な肉体に宿る」というように、肉体が健康であれば精神も健康に保つことができ、毎日を活き活きと過ごせるようになります。

2.美しい歯を長く保つことができる

むし歯や歯周病はその症状が進行すると審美的な面を損なうようになります。例えばむし歯が原因で抜歯をすると空いた空間に周囲の歯が倒れ込むようになり、全体の歯並びに影響を及ぼすことがあります。また最近では見た目が自然がセラミックが普及していますが、削った箇所に銀歯をはめると金属の色味が目立ってしまいます。
歯周病は歯茎の炎症なので、歯茎が変色したり、痩せることで歯が長く見えたりしてしまいます。

3.費用や時間を節約できる

予防歯科を実践するためには定期的に(三ヶ月から半年に一度)歯科医院を訪れる必要があります。そのことから「お金がもったいない」や「時間を取られるのを避けたい」と思う人もいますが、実は予防歯科の方がトータルのコストや時間を節約することができるのです。
むし歯にしろ歯周病にしろその症状が進行したあとの治療は大掛かりなものとなり、かかる費用も増えますし、治療終了までに要する時間も長くなります。その点、予防歯科によって歯をいつも健康な状態に保っておけば定期的なメンテナンスのための費用のみしか発生せず、様々なコストを下げることができます。

予防を怠るとどうなる?

予防を怠ると次のようなことが起こってくる可能性があります。

1.治療時の痛みや負担が強くなる

症状が進行すればするほど治療は大掛かりとなりますが、それは治療時に感じる痛みも基本的には比例します。多くの場合は麻酔を用いなければならなくなりますし、歯周病で炎症がひどいと麻酔の効きが鈍くなることもあります。麻酔が効かない治療がつらいものであることは言うまでもありません。

2.歯が失われてしまう

むし歯や歯周病を発症してもすぐに自覚症状が出るわけではありません。とくに歯周病は症状が進行しても痛みが出ることはほとんどないので、歯がぐらつき始めるまで気づくことができず、その状態で歯科医院を訪れても抜歯以外の選択肢が残されていないということも多く見受けられます。歯を一本失うと空いたスペースに隣接する歯が倒れ込んできて全体の歯並びが悪くなる、歯磨きがしづらくなるなど、悪い影響を及ぼしてしまいがちです。

3.お金や時間が無駄になる

症状が進行するとそれだけ治療は大掛かりになり、かかる費用も高くなっていきます。。

4.全身に不調が起こる

歯の健康が損なわれるとそれが最終的には身体全体に影響を及ぼします。
むし歯菌なら歯髄を伝って顎や脳にまで届き、最悪の場合命に関わる状態を引き起こすこともあります。また歯周病菌も関節の内側に入り込むことでリウマチが発症してしまいます。
むし歯や歯周病が原因で歯を失った場合も同じです。噛み合わせが悪くなるとそれが頭痛や肩こりを招くことがあるのです。

歯医者さんでできる具体的な予防歯科って?

予防歯科がどのようなものであるかイメージできる人はそう多くないでしょう。
一般的には歯科医院における予防歯科では以下のようなことが行われています。

検診

定期的に歯科医院を訪れて、むし歯がないか、歯茎の状態はどうなっているかなど、隈なくチェックしていきます。この検診は予防歯科の基本となります。

歯石取り

歯垢が硬くなり、強固に歯に付着したものが歯石です。歯石はブラッシングでは除去することができませんが、放置しているとそれを巣にして歯周病が引き起こります。専門の器具を用いて剥がすように取り除きます。

お口のクリーニング(PMTC)

専門の器具を用いて歯の表面を徹底的に磨いていきます。
ここにおいてとくに大切なのはバイオフィルムを除去できることです。バイオフィルトムとは強固な構造をした細菌の塊で、その中でむし歯菌は増殖しながら酸を生み出していきます。しかし強固に歯に付着しているので、歯石と同じようにブラッシングでは除去することができません。

歯磨き指導

どれだけ丁寧なブラッシングを習慣的にしていてもむし歯になってしまう人がいます。そういうときにはブラッシングの仕方自体に問題がある場合があります。実は成人している人のほとんどが正しいブラッシングを身につけておらず、そのため磨き残しを出してしまっています。歯ブラシの持ち方から始まり、正しいブラッシングを身につけることで日々のケアの精度を増すことができます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで歯の免疫力を高め、むし歯になるリスクを下げることができます。フッ素入りの歯磨き粉も市販されていますが、歯科医院でならより効果の高いものを用いることが可能です。
免疫力の低いお子様にとくにおすすめの治療ですが、歯周病や加齢によって歯茎が痩せ、それまで隠れていた歯の露出部分にも効果的です。

予防歯科で大切なこと

欧米人は歯を健康に保つことに対する意識が高く、ほとんどの人が幼少時から予防歯科を受けています。これは社会の文化的に歯の美しさが一種のステータスとなっているからですが、もう一つ大きな理由があります。それは悪くなった歯に対する治療が高額だという点です。そのため悪くなることを防ごうというモチベーションが働き、多くの人が健康な歯を長く使って保とうとするのです。
比べて日本では保険診療であれば安価で治療を受けることができます。実はこれほど低い治療費で歯科治療を受けられる国は日本以外ないといっても過言ではありません。これは負担が少ないために一見すると優れた環境、システムのように思いますが、そのために「悪くなってから治療すればいい」という考えに陥る土壌をつくっているともいうことができます。しかし「治療よりも予防」を実践すれば多くのメリットがあることは明らかです。
これを機会に、どこも悪くなっていなくとも歯科医院を一度訪問してみてください。またどこか異常を感じている人は一日でも早く治療を受けることで歯を最大限健康なまま残すことが可能となります。

診療予約・お問合せはこちらから

お電話の方はこちら0565-41-8022

お問合せフォーム

診療時間
09:00~13:30
15:00~18:30
※土曜は14:00まで

PAGE TOP