お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

0565-41-8022

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

web予約はこちら

WEB予約フォーム

web問診票はこちら

小児用

   

成人用

愛知県豊田市丸山町の𠮷田歯科クリニック|70代男性「歯が抜けた所に何か入れたい」ブラッシング指導と歯周病の治療をし、削る量を少なくできる人工歯「ジルコニア接着性ブリッジ」を入れ見た目が改善した症例

𠮷田歯科クリニックへのお問い合わせ:0565-41-8022

70代男性「歯が抜けた所に何か入れたい」ブラッシング指導と歯周病の治療をし、削る量を少なくできる人工歯「ジルコニア接着性ブリッジ」を入れ見た目が改善した症例

はじめのご相談内容 「歯が抜けてしまった所に何か入れたい」とご相談いただきました。
カウンセリング
診断結果
拝見すると、全体的に磨き残しと細菌が合わさった「プラーク」の付着が見られ、歯茎が腫れていました。
また、歯茎が下がるだけでなく、歯を支えている骨が無くなっていく「歯周病」の進行が見られました。

そして、左下の前歯(中切歯/1番)は、歯周病により自然に抜け落ちていました。

お話を伺うと「入れ歯以外の方法で歯を入れたい」とご希望されました。

治療内容 欠損している所に人工歯根「インプラント」を埋め込むには骨の幅が足りませんでした。
そこで、人工の歯を橋渡しする「ブリッジ」の中で、歯を削る量を最小限にでき変色しにくい白い「ジルコニア接着性ブリッジ」をご提案し、ご選択されました。

しかし、左下の前歯を治療する前に、残っている歯と歯茎の状態を良くすることが必要でした。
まず、普段の歯磨きの仕方を確認し、より良いケアの方法をお伝えする「ブラッシング指導」を行いました。

その後、全体的に「歯周病治療」として、専用の器具を使い汚れを取る「プラーク除去」とプラークが石灰化した「歯石」を除去する「スケーリング」を行い、ブリッジ治療が行える状態にしました。

歯周病の症状が落ち着いた後、欠損している左隣の歯(側切歯/2番)の裏側を最小限削り、型取りをしました。
その後、完成したジルコニア接着性ブリッジの噛み合わせを調整し、セメントで装着しました。

最後に、歯周病の進行を抑制するため、継続的な歯周病治療が必要とご説明しました。

治療回数 2回
(歯周病治療は除く)
費用 240,000円
(歯周病治療は除く)
治療後の経過状況 欠損していた所に人工の歯が入り、隙間がなくなり自然な見た目になりました。
患者様からは「歯が入って見た目が良くなって嬉しい」と大変ご満足いただけました。

現在、ブリッジを入れた前歯に痛みはなく、歯周病が進行しないようメンテナンスでご通院されています。

治療後のリスク ・ブリッジの装着に際し、天然歯を削る必要があります
・土台となる歯に負担がかかるため、将来的に歯が揺れたり、歯の根が割れたりする可能性があります
・噛み合わせや歯ぎしりが強い場合、被せ物が破損する可能性があります
・硬い素材の場合、他の天然歯を傷つけることがあります
・一部の治療を除き、自費診療(保険適用外治療)です

治療前

治療後

症例ブログ

診療予約・お問合せはこちらから

お電話の方はこちら0565-41-8022

お問合せフォーム

診療時間
09:00~13:30
15:00~18:30
※土曜は14:00まで
ココシカバナー

PAGE TOP