お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

0565-41-8022

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

web予約はこちら

WEB予約フォーム

web問診票はこちら

小児用

   

成人用

30代女性 知覚過敏を結合組織移植にて改善したケース

初めのご相談内容 左下の奥歯が冷たいものでしみる、歯磨きをすると痛いとの訴えで来院された患者様です。他院にて知覚過敏の薬を塗っていたが効果がなかったとのこと。
カウンセリング
診断結果
全体的に歯肉が薄く、噛み合わせの影響で歯根が露出していました。
治療内容 歯根は柔らかく刺激に対して敏感であること、また虫歯にもなりやすいことをご説明し結合組織移植によって歯根をカバーすることで知覚過敏が軽減する可能性が高く虫歯予防にもなることをご説明し同意が得られました。
マイクロスコープを用いて上顎から結合組織を採取し左下の歯根が露出したところ2箇所に移植をしました。
治療期間 手術は1回、翌日に消毒、2週間後に糸取りを行いました。
費用 50000円(税別)
治療後の経過状況 マイクロスコープを用い丁寧に処置を行ったことにより術後の痛みは無かったとこのこと。知覚過敏の症状等も無くなり、現在は定期検診にて通院されています。
治療のリスク ・喫煙習慣や糖尿病などの全身疾患がおありの方は治療できない場合があります。
・治療の性質上皆が同様の結果になるとは限りません。
・自由診療となります。

治療前

知覚過敏を結合組織移植にて改善したケース

治療後

知覚過敏を結合組織移植にて改善したケース

PAGE TOP