お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

0565-41-8022

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

web予約はこちら

WEB予約フォーム

web問診票はこちら

小児用

   

成人用

40代女性 歯がない所を部分矯正とジルコニアブリッジで治療したケース

はじめのご相談内容 左上の銀歯が入っている歯がよく腫れるとのことでご相談を受けました。
カウンセリング
診断結果
レントゲンで確認すると銀歯の下で大きく虫歯になっており、虫歯で欠けたところに汚れが溜まり腫れている状態でした。
神経の無い歯なので痛みも無く虫歯の進行に気づかなかったご様子でした。
銀歯を外したところほとんど健康な歯が残っておらず残念ながら再治療は難しい状態でした。
治療内容 歯を抜いた後の治療としてインプラント、ブリッジ、入れ歯の選択肢をお伝えしたところインプラントは抵抗があるためブリッジを選択されました。
もう銀歯は入れたく無いとのことで、材質は虫歯になりにくく見た目も自然なジルコニアを提案し同意を得ました。
また手前の歯が内側に倒れこんでいる為、このままブリッジをするには大きく削る必要があり、場合によっては神経を抜かなければいけない可能性をご説明し、部分矯正にて歯を起こしてからブリッジをすることをお勧めし同意を得ました。
治療期間 矯正期間 1ヶ月
ブリッジ治療 3週間
費用 部分矯正 150,000円
ジルコニアブリッッジ 240,000円
治療後の経過状況 神経のある歯を1周削ったことで最初はしみる症状がありましたが現在は落ち着いているとのことでメンテナンスに通われています。
治療のリスク ・ブリッジは両隣の歯を1周削る必要があるので神経がある歯はしみる症状がでる場合があります。
・ブリッジ装着後は歯間ブラシでの清掃が必要となります。
・メンテナンスを怠ると境目から虫歯になる可能性があります。

治療前

治療後

PAGE TOP